• 2017年5月22日
    かんなみ仏の里美術館図録『桑原薬師堂の仏像』を発行しました

    待望久しい、かんなみ仏の里美術館所蔵の仏像群の図録『桑原薬師堂の仏像』を発行しました。
    図録では、展示ケース越しでは見ることのできない、写真家による撮影の、細部まで鮮明な各像の写真や、個別解説、仏像群全体の歴史や関係する史料などを収録しています。
    仕様:A4版118頁(表紙カバー付)
       仏像写真は75頁(オールカラー・178カット)
    販価:2,000円 販売場所はかんなみ仏の里美術館

    ※販売は5月17日(水)10時からになります   

  • 2017年5月20日
    かんなみ仏の里美術館では函南町文化協会華道連盟と共催で「いけばな展」を開催しました ~終了しました~

    開 催 日   平成29年5月20日(土)~5月21日(日)2日間 
    開 催 時 間 午前10時~午後4時30分
    開 催 場 所 かんなみ仏の里美術館 多目的室
    実 施 団 体 函南町文化協会 華道連盟「ひまわりの会」
    出 展 数   30点
    テ ー マ   「~初夏の夏を感じて~」
             初夏は春に芽生えた新しい草花がスクスクと育ち生命力がみなぎっています。
             また、初夏の風は爽やかさと共に生命の躍動も感じさせてくれます。
             お花を通して自然の息吹を感じ、この季節を愛で、そして味わう機会になればと思い、いけばな展を開催します。

    ~終了しました~
             
        

  • 2017年5月13日
    観音菩薩立像と阿弥陀如来坐像の台座が修復のため不在になりました

    国指定重要文化財・阿弥陀三尊像の脇侍である観音菩薩立像の左前腕部が発見されました。また中尊である阿弥陀如来坐像の台座もかなり傷んでいました。その修復作業の為、観音菩薩像と台座は美術館から修理工房へ出かけております。

    なお、この修復が完了し制作当初の姿に近い形で観音菩薩像が美術館に戻ってくるのは、来年3月下旬の予定です。
    正式な日程が決まりましたら改めてお知らせいたしますが、楽しみにお待ちしてください。

    ※観音菩薩立像
      ※阿弥陀如来坐像の台座